多くの企業が利用している!ビジネスを成功に導くBtoBマッチングとは

公開日:2022/11/15


近年、仕事面においても需要と供給の一致が重要視されています。どんな優秀な商品であっても、それを求めている企業に拾われなければ意味がありません。商品を提供する人と求めている人をマッチングさせるサイトの需要が高まっていますが、特に注目されているのがBtoBマッチングです。今回は、BtoBマッチングについて詳しく説明していきます。

そもそもBtoBとは

BtoBとは「Business to Business」の略であり、企業と企業の間で行われる取引のことを指します。メーカーや小売業者、元請け、下請けなど企業の種類は様々です。企業同士で取引することから締結まで時間がかかる傾向がありますが、互いにとって安定した利益をもたらすことに繋がります。

近年はEC(E-Commerce)サイトといって、インターネット上で飲み商品を展開しているサイトが増えてきています。そのECの分野でおこなわれる企業間の取引はBtoB-ECと呼ばれ、区別されているのです。

混同しがちなBtoCとの違い

取引はBtoBのみではありません。よく似ている名称ですが、全く違う内容のものとして、BtoC(Business to Customer)があげられます。BtoBは企業間であるのに対して、BtoCは企業と一般の消費者の取引を意味しています。

基本的に、店舗に赴いて商品を購入したり飲食店で食事をしたりなど、日常生活における取引に該当するのです。ただ買い物をしているだけと思いがちですが、代金を支払って商品を手にするのも立派な取引の1つです。

その他様々な取引形態

近年利用者が増加しているインターネットオークションサイトやフリマアプリは、CtoC(Consumer to Consumer)に該当します。市場規模は小さいものの、すでに企業側で販売が終わっているものを入手できるなど、利用価値は高い傾向があります。

そのほかにも、メーカーが直接消費者相手に販売するDtoC(Direct to Consumer)や企業が従業員に商品及びサービスを提供するBtoE(Business to Employee)など、様々な取引形態があるのです。

取引相手の種類別にビジネスモデルを分類

取引形態を見ていくと、取引先によってビジネスモデルが分類されていることが分かります。なぜ細かく取引相手を分けているかというと、取り扱う商品やサービスが変わってくるからです。たとえば、企業から企業へ商品を売る場合、パーツや部品、材料など、取引先の企業が販売する商品の元になるものを売ることが一般的です。材料を安く仕入れ、それらを用いて商品を作り出します。反対に、BtoCの場合材料を売ることもありますが、基本的には既製品が取り扱われます。

売り出し方も変える

企業相手と一般消費者相手では、売り出し方も変えなくてはいけません。企業が使うアイテムは使いやすさを重視し、派手で華美なものは避けられる傾向があります。社用車は白や黒といった無難なカラーが人気ですし、コストパフォーマンスが高いものが好まれるのです。

一方、消費者が使うアイテムは目立つようなカラーリングを取り入れたりタレントを起用したりして訴求する必要があります。広く好まれるアイテムにするだけでなく、個性的なものも導入して気持ちを動かしていくのです。

注目を集めているBtoBのビジネスマッチング

BtoB取引において重要視されるのは、いかに企業に利益をもたらすかということです。そのため、機能面やコストパフォーマンスの高さなどがアピールポイントになります。ただ、商品の良さを多くの企業に知ってもらわなければ意味がなく、かといって1社1社に説明する機会を設けるのは非常に重労働です。

そこで、効率よく企業側にアピールする方法としてBtoBマッチングサイトを利用するという方法があります。24時間365日いつでもアクサセスできるサイトに自社製品を掲載することで、いち早く魅力を知ってもらえることに繋がるでしょう。

企業にあったサイト選びが重要

BtoBビジネスマッチングサイトは、近年増加傾向にあります。そのため、何となく選んだサイトでは商品の魅力を伝えきれない恐れもあります。自分たちでは不安という場合、エージェントを介してやりとりができるエージェント型マッチングがおすすめです。サイトに登録後、エージェントに相談しながら売り手を探し出し、マッチング後買い手と契約するという流れになっています。ミスマッチが起きにくく、利用しやすい点が特徴的です。

そのほかにも、商品と一緒に見積もりを提示してくれるものや、商品の情報を資料やパンフレット形式で一緒に登録し、買い手に読んでもらうというプラットフォーム型のマッチングサイトも存在しています。

それぞれのメリットを比較し、最も適したサイトを選ぶことでより自社の利益を生み出していけるでしょう。登録は無料というところもあるので、まずは適したマッチングサイトを見つけてみてください。

まとめ

BtoBマッチングサイトの特徴について説明しました。企業と企業を結ぶBtoB取引は、締結まで時間がかかる一方、大きな利益を生み出すことに繋がります。売り手も買い手も慎重になるため、マッチングサイトを利用して商品を売り出すことをおすすめします。エージェントが一緒になって買い手を見つけてくれるサイトもあれば、商品と資料をセットで掲載するものも。自社の商品の魅力を伝えるのに適したサイトを見つけて活用しましょう。

おすすめのビジネスマッチングアプリランキング

イメージ1
2
3
4
5
会社名​BizOn!LinkerCOLABOONLY STORYYenta
特徴立ち上げたばかりにもかかわらず、実績が豊富経営者層に完全特化したビジネスマッチングアプリ魅力的な経営者や企業を増やすことを大切にしている決裁者マッチング7年以上の実績を誇る会社経営者だけではなく会社員や学生も登録できる
詳細リンク

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧