ビジネスマッチングとM&Aまったく違う?それぞれのメリットを紹介

公開日:2022/10/15


企業の成長のために新たな分野に新規参入する時は、その分野に強いビジネスパートナーが欠かせません。自社にピッタリなビジネスパートナーを見つけるために、近年ではビジネスマッチングやM&Aといった手法が取られています。ビジネスマッチングとM&Aは、似ているようでまったく違うものです。今回は、それぞれのメリットについて紹介します。

ビジネスマッチングとは

ビジネスマッチングとは、一言で言うと「企業と企業を結びつけるサービス」のことです。企業を成長させていくためには、どうしても必要なスキルが自社だけでは十分に整わない場合があるでしょう。そういうときは、求めているスキルを持つ企業とビジネスパートナーになり、スキルを提供してもらうという方法があります。

ビジネスパートナーになった企業側にとっても、自社のスキルを使って受注案件が増えて売り上げにつながります。このように双方の企業にとってWinWinな関係を取り持つサービスが、ビジネスマッチングなのです。ここでは、ビジネスマッチングのメリットを紹介します。

取引先を効率よく探せる

ビジネスマッチングを利用すると、自社のニーズに合ったクライアントや取引先が効率的に探せるというメリットがあります。スタートアップ企業やベンチャー企業のように、立ち上げたばかりでまだ企業同士のつながりが広がってない企業にとっては、有効な手法ではないでしょうか。

他社との差別化

ビジネスマッチングを通して多くの企業と繋がりをもつことが可能になります。企業同士のネットワークが広がると、市場ニーズの動向や競合他社の商品情報なども把握しやすくなります。競合他社の情報を知ることで、自社製品に他社にはない付加価値をつけるなど差別化をはかることができるでしょう。

自社にはないスキルを確保できる

ビジネスマッチングを利用することで、自社が持っていないスキルを確保できるというのも大きなメリットです。自社には足りないノウハウを補うために、外注先を探すのにもビジネスマッチングは役立ちます。

相手企業のブランド力を活用できる

大手企業とビジネスパートナーになり、協業できるようになると、相手企業のブランド力を活用することができます。ブランド力を活用することによって、宣伝に多額の費用をかけずに済み、新規顧客を獲得するためにも有効な手段といえるでしょう。

M&Aとは

M&Aとは「Mergers and Acquisitions」の略で、資本の移動を伴う企業の合併・買収を意味する言葉です。合併・買収と聞くとネガティブなイメージを持つ人もいるかもしれません。しかし、広義的な意味では、資本提携を目的とした企業の成長戦略という意味合いも強くなっています。

ここでは、M&Aの買い手側のメリットと売り手側のメリットをそれぞれ紹介します。

買い手側のメリット

M&Aの買い手側のメリットは、すでに実績にある企業から人材やノウハウを引き継いでいるため、迅速かつ効率的に新規事業へ参入しやすくなることです。これにより、事業拡大のコストを削減させつつ、事業の成長を加速させることができます。

売り手側のメリット

近年、後継者問題に悩む企業が増えています。M&Aで信頼できる大手企業に譲渡できれば、事業を継続させることができ、さらなる事業の発展も見込めるでしょう。解消されるのは、後継者問題だけではありません。従業員もそのまま譲渡された企業で働くことができるので、雇用の安定も守れます。

M&Aに特化したマッチングサービスもある

ビジネスマッチングよりもやや複雑そうなM&A。実は、M&Aも自分で売り手や買い手をマッチングさせてくれるプラットフォームがあることを知っていましたか?M&Aで企業の譲渡を決めても、条件にマッチする買い手企業を見つけることはとても難しいことです。

そこで、M&Aに特化したマッチングサービスを利用すれば、さまざまな企業にアプローチをかけられ、自社の条件に見合った企業を効率的に探すことができます。案件やプラットフォームにもよりますが、安価で利用することができるため、小規模な中小企業でも利用しやすいのが特徴です。

しかし、自分たちに有利な条件で相手企業と交渉を進めることに不安を覚えることもあるかもしれません。M&Aマッチングサービスのなかには、アドバイザー紹介型マッチングサイトというものがあります。自社と相手企業の間にアドバイザーが介入してくれます。依頼者の要望を最大限汲み取って相手企業と交渉してくれるので、M&Aにあたって有利に交渉をすすめたい場合におすすめです。

このアドバイザー紹介型マッチングサイトは、利用料はほとんどかかりませんが、アドバイザーとの契約のために費用がかかるので注意しましょう。そのほかにも、仲介企業が提供するマッチングサービスがあります。こちらは相手企業と交渉を進めるためには中小企業との契約が必須となり、ほかのマッチングサービスよりも費用がかかってしまうのが難点ですが、中立的な立場で交渉を進めてくれるという利点があります。

まとめ

以上、ビジネスマッチングとM&Aのメリットについてまとめました。ビジネスマッチングはそれぞれの企業が手を取り合い、ともにWinWinな関係を築いていく成長戦略。M&Aは、自社の技術や人的資源を残し、さらなる事業の成長も期待できる経営戦略といえるのではないでしょうか。今は、マッチングで自社のニーズにピッタリな相手企業を迅速かつ効率的に見つけることができます。このマッチングサービスを使って、企業同士のつながりを広げてみてはいかがでしょうか。

おすすめのビジネスマッチングアプリランキング

イメージ1
2
3
4
5
会社名​BizOn!LinkerCOLABOONLY STORYYenta
特徴立ち上げたばかりにもかかわらず、実績が豊富経営者層に完全特化したビジネスマッチングアプリ魅力的な経営者や企業を増やすことを大切にしている決裁者マッチング7年以上の実績を誇る会社経営者だけではなく会社員や学生も登録できる
詳細リンク

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧