ベンチャー企業が多数利用!投資・M&A系マッチングサービスとは

公開日:2022/02/15

会社を立ち上げたばかりの起業家は金融機関から融資を受けることが難しく、資金集めに苦労するものです。また、経営している会社を売却しようと考えたとき、なにをすればいいのかわからない方は多いのではないでしょうか。今回は投資やM&A系のマッチングサービスについて説明します。起業を考えている方は、資金作りの参考にしてみて下さい。

エンジェルファンド

最初に紹介するのはエンジェルファンドです。起業したばかりの人はまだ信用がなく、金融機関からお金を借りることができません。そんな起業家に資金を提供し、経営について助言を行う投資家が「エンジェル投資家」です。

起業家はエンジェル投資家からお金を借りることで、企業を発展させることが可能になります。エンジェルファンドは、起業家とエンジェル投資家をつなぐマッチングサービス。エンジェル投資家は今後伸びる可能性がある起業家に対し、直接コンタクトを取り、起業家はエンジェル投資家からのコンタクトを受けることで、展開する事業の内容をアピールできるのです。

このエンジェルファンドを利用すると、起業家とエンジェル投資家、それぞれ以下のようなメリットがあります。まず起業家のメリットは、複数のエンジェル投資家に対して、自身の事業計画をアピールできる点が挙げられます。次に起業家が融資や投資、出資、社内での新組織の中で、どこにどのような投資を望むのかを設定できるので、資金調達がスムーズに行えることです。

事業計画は、数に制限なく公開できます。その事業計画に賛同したエンジェル投資家と直瀬コンタクトが取れるのも、メリットの1つです。また、エンジェルファンドの利用に際し、料金は一切かかりません。

次に、エンジェル投資家のメリットについてです。まず熱意と未来がある起業家に対して、直接コンタクトをとれることがメリットとして挙げられるでしょう。エンジェル投資家は数多くある事業案件の中から、気に入ったものやこの先伸びる可能性を感じる事業を選んで投資・出資を行うことができます。

起業家が提案する融資、投資・出資、社内での新組織のどれかを選んで投資や出資が可能で、起業家の非公開計画を確認することもできます。これは投資家の特権です。そしてエンジェル投資家も完全無料でエンジェルファンドを利用できます。大きな夢を抱えて起業する起業家と、それを応援したいと考えているエンジェル投資家は、エンジェルファンドを利用してみるといいでしょう。

M&ACloud

次に説明するのは、M&ACloudについてです。M&ACloudは事業を売却したい人と、買い手・投資家をつなぐマッチングサービスです。事業を拡大したいと思いながらも自分の会社だけではできないと感じている方、事業の売却や資金調達の方法がわからない、効率的に買い手を探す方法が知りたいという方はM&ACloudに登録するといいでしょう。

M&ACloudにはプロのアドバイザーがおり、事業の買い手を探す方法などの相談に乗ってくれます。M&ACloudを利用するメリットは数多くありますが、代表的なものは以下の通りです。

まずM&ACloudでは買い手側が現在のM&Aや出資のニーズ、実際投資した実績やインタビューを公開おり、それを参考にすることでお互いの希望に沿ったマッチングができます。また、売り手と買い手の間に仲介業者などが入らないので、マッチング成立後すぐ会うことが可能です。

さらに売り手、買い手共に完全無料でご利用いただけるのも、大きなメリットでしょう。M&ACloudに在籍するプロのアドバイザーへの相談も、いつでも無料で行えます。大手はもちろん、中堅やベンチャー企業まで、さまざまな企業の掲載実績があるM&ACloudで、ぜひ企業の売却を成功させてください。

FUNDBOOK

最後はFUNDBOOKについて説明します。FUNDBOOKは、企業を譲渡したい人と買い手をつなぐ、M&Aマッチングサービスです。仲介型とプラットフォーム型のいいところ組み合わせたハイブリッド型のサービスを提供することで、アドバイザー頼りにならない平等なM&Aを可能にしました。

プラットフォームでは、FUNDBOOKに登録している約4,000の優良企業へ、一斉にアプローチを行うことができます。このことでアドバイザーの先入観にとらわれないマッチングが行われ、マッチングの質と量を高めることができるのです。

プラットフォームでは対応できない部分は、FUNDBOOKに在籍する経験と専門知識豊富なアドバイザーがサポートしてくれます。アドバイザーは5年後、10年後を見据えて経営者の悩みや課題に向き合い、その上でM&Aが必要かどうかの判断。その際にM&Aについての基礎知識についても教えてくれるので、安心です。

M&Aが必要と判断されたら、譲渡したい企業の価値を算定します。このとき算定した価値は、今後M&Aを進めていくときの目安になるものです。その後は企業を譲渡するにあたって細かい希望条件を整え、どのようなスケジュールで動いていくかを決めます。

ここまで進んだらFUNDBOOKの専門チームが譲渡したい企業について数十ページにもなる資料を作成し、いよいよM&A成約に向けての実務スタートです。FUNDBOOKでは経営者が心から納得できるM&Aが成立するまでアドバイザーがしっかりサポートしてくれるので、安心してすべてを任せることができます。事業の譲渡を考えている方はFUNDBOOKに、一度相談してみるといいでしょう。

 

今回は企業の際の資金集めや事業を売却するときに役立つ、M&A系マッチングサービスについて説明しました。起業したばかりのときは信用がなく、資金集めに苦労する人も多いでしょう。また、事業売却の際は、何をどのようにすればいいのか分からない人が少なくないのではないでしょうか。そのようなときには信頼できるマッチングサービスを利用して、スムーズに融資や事業売却を進めていきましょう。

おすすめのビジネスマッチングアプリランキング

イメージ1
2
3
4
5
会社名​BizOn!LinkerCOLABOONLY STORYYenta
特徴立ち上げたばかりにもかかわらず、実績が豊富経営者層に完全特化したビジネスマッチングアプリ魅力的な経営者や企業を増やすことを大切にしている決裁者マッチング7年以上の実績を誇る会社経営者だけではなく会社員や学生も登録できる
詳細リンク

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧